Topics

2020.12.22

今日の農場

感慨深い農場見学

大分県立宇佐産業科学高校の生徒さんが
農場見学にきてくれました。

12月11日(金)のこと。大分県立宇佐産業科学高校の1年生・29名の生徒さんが、ベーベジの農場を見学にきてくださいました。

宇佐産業科学高校では、農場運営の収入源として青パパイヤの栽培に取り組んでいます。昨年春に植えた苗が、今年は高さ3メートルほどに成長し、多い木で100個を超える実をつけたそう。ゆくゆくは青パパイヤの栽培から販売・加工のノウハウを構築して、宇佐の特産品に成長してくれたらとの熱い思いをお聞きしました。



1年生の皆さんは、これから授業で栽培する野菜・果実などを選択するために、いろんな農場・農家さんを見学されているそうです。東京から遠く離れた大分県に農場を構え、今回大分県産青パパイヤの生産者として、地元の高校からお声がけいただけたことは、ベーベジにとって感慨深い出来事です。



青パパイヤを知っていても、まだ食べたことがない生徒さんも多く、急遽、試食会を開催。そこで、栄養豊富だからと「皮を食べてみたい」という勇者が出現。とっても苦いよ、とお伝えしたのですが…(その後、どうなったかはご想像にお任せします。)



質疑応答では、年収や売上高、農業やっていて楽しいですか?など、豪速球な質問もいただきましたが、彼らの目をみると、その真剣さがとてもよく伝わってきました。

宇佐~中津の青パパイヤライン。これからどんどん広がっていくように。そのために、わたしたちも頑張らねばと、改めて思った次第です。

すべて表示

Page Top Topics一覧